事業領域

「建物生涯にわたりお客様の“ちから”になる」それが私たちのフィールド~どんな種類・規模・局面でもちからになりたい~

出来ること

主な3つフェーズ

考える− 設計・調査
建てた“その先”まで考えるPlaninnig & Research

どんなに施工品質が良くとも、もともとの計画が悪ければ、いい建物は建ちません。
私たちは、建物の生涯を 考えて、考えて、考えて建物の設計はもちろんのこと、事業計画の立案や不動産購入のアドバイス等お客様の施工整備計画をサポートします。

建てる− 施工管理
“確信”をもって“違い”を建てるBuilding & Construction

同じ設計図であれば、同じ建物が建つのでしょうか?
私たちは確信をもって「No」と答えます。
読書感想文が人によって違うように建物は現場の代理人によって出来栄えが異なります。

では、その差は「技術力」でしょうか?
それも違うように思います。
「違い」の源泉は「考え方」です。
施工したらそれで“プロジェクト完結”という考え方とそのお客様と建物の生涯とおつきあいするという考え方で建物は出来は変わってくるはずです。
「“確認”をもって、“違い”を建てる」
私たちは今日も建物をお届けします。

支える− 点検・メンテナンス
建物を大切にいつでも、いつまでもMaintenance & Inspection

どんな建物でも老朽化します。
建物を「長く使う」ことが前提であればその時々に応じた処方が必要です。

私たちは お客様の建物の状況を把握(点検)し、適切な時に適切な処方(保守、修繕)を行い、いつでも、いつまでも支え続けます。

こんなことも出来る

PFI



PFIとは?

「PFI(Private Finance Initiative:プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)」とは、公共施設等の建設、維持管理、運営等を民間の資金、経営能力及び技術的能力を活用して行う新しい手法です。(内閣府PFIホームページより)

これだけでは良く分かりませんね。

誤解を恐れずに言うのであれば、「事業丸ごと、おかませ」ということです。

当然、一社では対応できませんので、グループを組んで取りかかることになります。
そしてグループ内ではそれぞれの持ち味や意見を活かして「こうすればもっと快適なのではないか?」とか
「このようにすれば、もっとコストダウンできるのではないか?」といった提案を取りまとめていきます。 その内容が“民間のノウハウ”と言われるものですね。

私たちはこのようなタイプの事業を4件受注しております。
実はこの数字、地方の建設会社では大変珍しい実績数です。

私たちがこのようなPFIを数多く受注できた原因は「事業全体をマネジメントすることが、本来の建設会社の役割だ」という認識があるからです。

そのような考え方で、私たちは民間の事業にも責任をもって関わっていきたいですし、本来の役割をきっちり担って、社会の公益に貢献していきたいと考えています。

耐震工事

阪神大震災・東日本大震災と多くの建物が倒壊し、多くの尊い命が失われました。
心からお悔やみ申しあげます。

建築物の役割のひとつ、「生命を守る」
そのあり方を再び深く考えるきっかけとなりました。

地震は起こる、震災は発生する。
その中で、建物が出来ること、それは僅かかもしれませんが、「倒壊させない」といったことが命を守る道に繋がることは確かでしょう。

私たちは、東日本大震災発生前から、耐震工事へは力を入れて取り組んでおります。

とりわけ、全国で初めてとなる「学校耐震化のPFI事業」も受注し、施工が完了しております。

各学校の特徴に応じた補強方法を検討し、子供たちが授業を行いながらも、安全に配慮し工事をすすめる。

私たちにはそのような実績があります。

建物の役割に期待される方、もしもの時を想定し、予め手当てしておいた方が良いとお考えの方、そんな方々の建物耐震化に私たちは貢献したいと考えております。

マンション大規模修繕
マンション大規模修繕
リフォーム特集
リフォーム特集
太陽光発電
太陽のちからで動く会社

当社にも太陽光発電設備がございます。
「電気代が○○だから、○○年で採算がとれる」といった計算はまったくしておりません。

福島原発の事故以来、エネルギーに対する私たちの態度について、強制的に見直さなくてはいけない状況になりました。

これからどのようなエネルギー政策を進めていくのか?

政府の動きを見ていても何も展望が開けてきませんが、少なくとも自分たちが出来ることは、進めていきたいと考えております。

太陽光発電設備のご相談は是非、当社に。

取り付けについて、メーカー様がお断りされるようなケースでも当社なら対応できる場合がございます。

それは、やはり、建物の構造をしっかり理解していから。
みなさんも太陽のちからで動いていきませんか?

不動産仲介

私たちは宅建業者の免許を保有しておりますので不動産仲介業務も行えます。

決して仲介事業を会社事業の柱にするつもりはございませんが、良い建物を建てようとした場合、当然敷地となる土地の位置や形状も関係してきます。

そのようなとき、私たちは「建設するにあたって」の視点からお客様にアドバイスできるようサポートしていきます。

不動産売買の御相談についても、是非、当社にご用命くださいませ。

出来ないこと



お問い合せ